Burning Illusion

from Sirarponcaca by THE AZUKIWASHERS

/

about

バーニングイリュージョン

lyrics

額の外側は明るくて広い部屋
額の内側は詰め込まれた油
油の塊

額の外側にはその他大勢の”ぼく”と
油まみれの”ぼく”が一人だけ見える
いつまでも座ってる

真っ白なキャンバスに封じ込まれた
出来かけのアートそれは
色がくすんでぼやけた”ぼく”の絵

額の外側は絶え間なく変わる日々
額の内側は埃を被ってる

壁にかかる額にかかるその時に
時計の針はそこで止まる
白い壁が鈍く染まる
その額が一つ増える度、油の匂いがここに溜まる

閉じることのない目がこちらを見てる
ぼやけた”ぼく”の目がこちらを見てる
既に額がはめ込まれたその目は
色がくすんで既に”ぼく”の目ではない

イリュージョン!(Magic)
宙に浮いてるこれはイリュージョン(Magic)
太陽にぼくは誘われる(Magic)
風を切って飛ぶ
イリュージョン!(Magic)
宙を舞ってる沢山の絵は(Magic)
みんな同じ顔

宙に浮くこの感じは気持ちがいいね
もっと舞い上がりたい

見下ろすこの世界はとても綺麗だね

やけに体が暑くなってきて辺りを見ると
周りは皆火だるま
太陽に近付き過ぎたみたい
焼け焦げ下に落ちる

credits

from Sirarponcaca, released August 3, 2020

license

all rights reserved

tags

about

THE AZUKIWASHERS Tokyo, Japan

Literally it’s time to revival of Metal Justice - Their styles are covering music histories from 1970-201X like a dreaming time machine for the crazies. They must be a kind of roller coaster running on a rail illustrating music histories, however, originated with old-school DEATH METAL though. Welcome to our museum. The Azukiwashers will light your fuse again! ... more

contact / help

Contact THE AZUKIWASHERS

Streaming and
Download help

Report this track or account